皆さん意外と気にしない設備工事のお話し

皆さん、水やお湯って、どうやって供給されてるのかご存知ですか?また、使った水がどのように排出されてるのか知っていますか?家庭用の給排水、給湯の配管はリノベーション工事が完了すると、ほとんど見えなくなってしまうのが一般的です。

皆さんの家にはどのような配管が走っているか、ご存知ですか?住居の配管は主に、供給側と排水側とあり、供給側には水の配管、お湯の配管、排水側にはキッチン、洗面室等からの雑排水、トイレ等の汚水排水とあります

給水・給湯管のお話

現在、管材は樹脂製が主流

マンション等ですと、玄関ドアの横にメーターBOXがあり、開けると水道メーターがあります。水道メーターから給水管が伸びていて、その先で給湯器に分岐している物が一般的です。(電気温水器等の場合は別です)ここで、お水とお湯に配管が分かれます。宅内に引き込まれた配管は、各水栓金具に向かって配管されます。

使用する配管材は以前は鉄管が主でしたが、錆等・腐食に弱く、メンテナンス性、作業効率も悪いので、最近は樹脂製の管材がほとんどです。ただ、樹脂製の管材の一部は、外圧等の衝撃に弱いものもあるので、現在でも一部新築のマンションには鉄管で配管しているケースもあるそうです。

樹脂管材の種類と特徴

お湯の配管も同様に、給湯器を介して宅内に引き込まれ、各水栓金具まで配管されます。樹脂配管にはビニール系の管材とポリエチレン系の管材とあります。ビニール系の管材は、水とお湯とで若干違う素材にて配管されます、コストパフォーマンスに優れているのですが、衝撃に弱いのが欠点です。水道の配管工事は、フルリノベーション工事の初期の段階で行われますので、ぶつかったりしない様、特に注意が必要です。

それに対してポリエチレン系の管材は、衝撃にも強く、曲げて配管することが可能ですので、最近の凝った設計や、難しい配管計画にも柔軟に対応可能です 但し、ビニール系の管材に比べてコストがかかってしまいます。

リノベで工事できるのは専用部、できないのは共用部

マンションにお住まいの方で、洗面室やキッチンの横の壁などに柱のような出っ張りがあるのに気づいてる方もいるのでは?その出っ張りの中には、排水用の共用管がマンションの1階から最上階まで通っています。宅内から出た排水はその共用管を通して排水されるわけですね。

そして通常、キッチン、お風呂等の雑排水とトイレ等の汚水の2本、管が通っているはずです。共用管、その名の通り、みんなの管なわけですから、その管は絶対に動かせません。なので、キッチンや浴室、トイレ等の配置を設計するとき、その共用管の位置がとても重要になってくる訳なのです。

配管は天井の高さにも関係する

リノベで部屋の配置を変える時の注意点

給水管は普通、2センチ程度太さですから、配管の取り回しにさほど苦労はしません、床下、場合によっては天井を配管することもあります。しかし、排水管の場合はそう簡単ではありません。排水管の太さは、用途によって異なりますが、一番太いトイレ用の管材は10センチ程もあります。また、中の水が流れやすいようにする為、排水勾配(傾斜)を取ってあげなければなりません。

洗面室やトイレの床が、廊下やリビングより高くなっている家が多いのは、排水用の配管を通すスペースを床下に取らなければならない為です。排水管と水を使うお部屋の距離を考えずに設計してしまうと、配管が難しくなり、床下のスペースを必要以上に取らなければならなくなってしまうのです。

最近はバリアフリー設計が当たり前ですから、床等の段差をなるべく取らない様な設計を心がけるのですが、すべての段差をなくそうとして、すべての部屋の床の高さを上げてしまうと天井までの高さが低くなってしまい、息苦しい空間になってしまいます。天井の高さも10センチ違うだけで、解放感が違うんですよね。

Re-Fill
数多くの物件等を経験してきた私たちだからこそ、あまりお施主様の目が届かないニッチな部分にもこちらから積極的にご提案をすることが出来るのです
普段、目にしない部分だからこそ、最初の設計、施工が大事なのです

< 貴 >

合わせて読みたい、リノベの豆知識☟

リノベ 電気配線
皆さん意外と気にしない電気のお話し

皆さん、リノベーションやリフォームの工事をするうえで意外と見落としがちなのが、電気等配線工事ではないでしょうか? コンセント、照明はもちろん、テレビや電話、ネットの配線など、住宅には様々な電気関係の配 ...

-リノベの豆知識
-, , , , , , , , , , ,

© 2020 Re-fill LIFE